震災から学ぶ in Jヴィレッジ
震災から学ぶ in Jヴィレッジ
教育・企業研修

震災から学ぶ in Jヴィレッジ

そのときJヴィレッジで何が起きたのか?

東日本大震災後、原発事故の収束拠点となったJヴィレッジ。

その時、何が起き、どのように人々は動いたのか。被災地だからこそ学べることがあります。

ポイント

  • 震災の重要拠点となったJヴィレッジの軌跡を知る
  • テレビや本では体験できない生の声を聞く
  • 災害時、なにが必要で、なにができるのかを考えるきっかけに

プログラム一例

10:30〜
震災講話
・震災前からこれまでのJヴィレッジの軌跡
・震災を体験した職員や、地元住民の声
11:10〜
天然芝体験
サッカーの聖地Jヴィレッジだから味わえる天然芝の広大なピッチにご案内
11:30〜
全天候練習場体験
・屋根付きサッカー場にご案内
・サッカーボールも用意しているので体を動かしたり、寝転ぶもよし
・広いピッチで非日常体験
11:50~
J-VILLAGE STREET&蹴球神社参拝
・これまでのJヴィレッジの歩みが60mの壁面に描かれたJ-VILLAGE STREETへ
・着工から、代表合宿、そして震災、復興の軌跡がみられる。
・日本代表やなでしこジャパン等のサイン入りユニフォームも展示。
・センターハウス4階にある蹴球神社参拝と展望ホールからJヴィレッジを一望
12:00
終了
お時間に合わせてプログラム内容をご提案いたします。
まずはお問合せください。

豊富なオプション

  • 栄養満点のお弁当ランチ
  • Jヴィレッジホテル宿泊
  • 蹴球神社絵馬奉納
  • 東日本大震語り部
  • 防災研修1 避難所運営ワークショップ
  • 防災研修2 福島第二原子力発電所の奇跡 ワークショップ

利用施設一例

●コンベンションホール

166席の階段教室スタイルのコンベンションホール。
調光室を備えた会場で、プロジェクターとスクリーンを完備。
講演形式でのご利用に最適です。

●J-VILLAGE STREET

1993年に始まったJヴィレッジ建設の構想から東日本大震災を経て、すべての施設利用が可能となる全面再開を果たした2019年までの歩みを壁面に描いた「J-VILLAGE STREET」。Jヴィレッジを訪れたトップアスリートのサイン入りユニホームもご覧いただけます。

●全天候練習場

68m×105mの公式サイズのピッチを収容し、梁下有効高さは中央部22m、サイドライン上部8mの人工芝フィールド。サッカーのほか、ラグビーやアメフトなど多種多様なトレーニングも可能な全天候対応の練習場です。

●天然芝ピッチ

68m×105mの公式サイズのピッチが7面、夜間照明を2面に設置。グラスルーツからトップクラスの選手までが同じ環境でトレーニングをすることができます。

プログラム概要

  • 所要時間/1時間30分
  • 対応可能人数/1チーム30名まで
  • 参加費/お問い合わせください。

お申し込み・お問合せ

お電話 0240-26-0111

※お電話での受付時間:月〜金 9:00〜17:00